1. TOP
  2. プレミアムワークショップ
  3. 【12/18(日)開催】「タネヒコーキ」─生き物から学ぶものづくり《プレミアムワークショップ》
  1. TOP
  2. ワークショップお申し込み
  3. 【12/18(日)開催】「タネヒコーキ」─生き物から学ぶものづくり《プレミアムワークショップ》
  1. TOP
  2. 「子供の科学」掲載商品
  3. 2022年12月号
  4. 【12/18(日)開催】「タネヒコーキ」─生き物から学ぶものづくり《プレミアムワークショップ》
※画像をクリックすると拡大します
  • オススメ
  • 有料会員限定

【12/18(日)開催】「タネヒコーキ」─生き物から学ぶものづくり《プレミアムワークショップ》

商品コード: W-221218P

発送目安: お取り寄せ(商品入荷後)(お届け希望日「指定なし」の場合)

発送、お届け希望日の詳細についてはこちら

販売価格: 2,200 (税込)

送料:700 円

『コカネットDX(デラックス)会員サービスT』『コカネットプレミアム会員サービスT』『コカネットDX(デラックス)会員サービス』『コカネットプレミアム会員サービス』 お 申込済みの方はログイン後ご購入いただけます。ログインはこちら
****************************************************
このワークショップはコカネットプレミアム(DX)会員限定イベントになります。
コカネットプレミアム(DX)会員の詳細はこちら
****************************************************

※こちらの商品はお届け希望日の指定はできません。指定しても無効になり、手続き上発送日が遅れることになってしまいますので、ご注意ください。

小中学生の才能発掘研究所「NEST LAB.」とコラボレーションして、身近な科学やものづくり、テクノロジーを学んでいくプレミアムワークショップシリーズ(月1回を予定)。12月は、植物のタネのしくみを学びながら、よく飛ぶタネヒコーキをつくって実験するワークショップです。

私たちが空を自由にとぶための「グライダー」は、じつはある植物の動きをまねてつくられました。そこには、いきものの生存戦略が隠されています。今回は「植物の種」をテーマに、それを活用した「空飛ぶヒコーキ」を開発します。よりレベルの高いヒコーキを開発するのはどうすればよいのか、研究開発の極意を伝えながら、最も飛ぶヒコーキをつくり出しましょう。

また、今回はスペシャルゲストによる特別講演もあります! お話いただくのは信州大学繊維学部准教授の梅舘拓也先生。イモムシの動きを使って、これまでにないロボットハンドを開発した梅舘先生に、生物の能力を開発に活かす研究のお話をしていただきます。

NEST LAB.の「サステイナブルサイエンス専攻」では、地球上に住む微生物、昆虫、植物たちのふしぎについて、観察・実験を繰り返し探究していきます。今回のワークショップは、植物の種を題材に、サステイナブルサイエンス専攻のカリキュラムが体験できる内容になっています。

■開催日時 12月18日(日)16:00~18:00
■講師 小中学生の才能発掘研究所「NEST LAB.」
■スペシャルゲスト 信州大学繊維学部准教授・梅舘拓也先生(工学博士)
■対象 小中学生 ※コカネットプレミアム(DX)会員登録必須
■開催形式 Zoomミーティングにて開催
■参加費 キット代として2,200円(税込)
 ※別途送料として700円
 ※ご自宅にキットをお届けします。

■キット以外にご用意いただくもの
・細いマジックペン
・定規
・ハサミ

■注意事項
・参加者のみなさまには、12月9日(金)までにメールにてZoomの招待用URLをお送りします(メールは「NEST LAB.」を運営する株式会社リバネスよりお送りいたします)。お送りしたメールが迷惑メールフォルダなどに入っている場合がありますので、よくご確認をお願いします。URLが届かないという場合は、12月13日(火)までにお問い合わせフォームにご連絡ください。
・お申し込みいただいた方の個人情報は、「NEST LAB.」を運営する株式会社リバネスに共有します。共有した個人情報は、株式会社NEST EdLABおよび親会社の株式会社リバネスの登録システム「リバネスID(https://id.lne.st/terms_of_service)」に登録され、招待URLなどワークショップ参加にあたってのご連絡、講師を務める「NEST LAB.」の教室のご案内等に使用されますので、あらかじめご了承ください。
・当日は『子供の科学』のスタッフがワークショップの模様を記録する場合がございます。当日の様子の画面および録画した動画は、『子供の科学』や「NEST LAB.」の関連サイトに掲載されるほか、『子供の科学』や「NEST LAB.」の宣伝等に使用される場合がありますのであらかじめご承知おきください。
●ワークショップに取り組むにあたっての注意事項については、ワークショップ時に講師より説明させていただきます。

【今後のNEST LAB.プレミアムワークショップの開催予定】
1月 「DNA抽出」―自分のDNAを目で見てみよう
2月 「サンゴ礁ラボ」―おうちで沖縄の海のヒミツを解き明かす!?
3月 「オリジナル特殊折りランプ」―折り紙と光のパラダイス
※都合によりテーマを変更する場合があります。

お家に届く材料を使って、「空飛ぶヒコーキ」をつくります!

お家に届く材料を使って、「空飛ぶヒコーキ」をつくります!

信州大学繊維学部准教授の梅舘拓也先生。柔らかな生物の身体や動きをお手本に、繊維やゴムなどの柔軟な材料でロボットをつくるロボット研究者。これまでに、ダンゴムシやイモムシロボットなどを開発。2009年、東北大学大学院で博士(工学)を取得。2012年から2016年まで米国ボストンのタフツ大学で研究者として過ごし、2016年から2019年まで東京大学大学院で特任講師。2019年から現職。Living Machines 2012 Best Paper Award, Ubicomp 2019 Best Demo Award, JAFOE 2021 Best Speaker Awardなどを受賞。

信州大学繊維学部准教授の梅舘拓也先生。柔らかな生物の身体や動きをお手本に、繊維やゴムなどの柔軟な材料でロボットをつくるロボット研究者。これまでに、ダンゴムシやイモムシロボットなどを開発。2009年、東北大学大学院で博士(工学)を取得。2012年から2016年まで米国ボストンのタフツ大学で研究者として過ごし、2016年から2019年まで東京大学大学院で特任講師。2019年から現職。Living Machines 2012 Best Paper Award, Ubicomp 2019 Best Demo Award, JAFOE 2021 Best Speaker Awardなどを受賞。

ゲストの梅舘先生は、イモムシのように蠕動運動が行える柔軟な指をつくることで、つかんだままモノの姿勢を変化させる「インハンド・マニピュレーション」を可能にする技術を研究開発しています。

ゲストの梅舘先生は、イモムシのように蠕動運動が行える柔軟な指をつくることで、つかんだままモノの姿勢を変化させる「インハンド・マニピュレーション」を可能にする技術を研究開発しています。

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

■コカネットDX(デラックス)会員サービスTの定期購読申し込みはこちら


■コカネットプレミアム会員サービスTの定期購読申し込みはこちら


■コカネットDX(デラックス)会員サービスの定期購読申し込みはこちら


■コカネットプレミアム会員サービスの定期購読申し込みはこちら


定期購読はFujisan.co.jpのサイトでのお申し込みになり、「KoKa Shop!」とは別のページに移ります。
定期購読をお申し込みいただければ、買い物かごに商品を入れた段階で定期購読特典が適用されます。
クレジット払いのお客様はクレジット決済完了後、後払いのお客様は入金確認後に適用されます。
反映までに10分ほどお時間いただきますので、買い物かごにて定期購読特典が適用されない場合は、恐縮ですが時間をおいて再度お試しください。

ピックアップアイテム

PAGETOP